遺産相続とは

親は子供や孫のために土地や家屋などの不動産、さらには株券、貯蓄、会社などを残すかもしれません。親が子供のためにこうしたものを残すのは、子供や孫への深い愛と、子供や孫が将来生活に困らないように、との親の優しい気持ちからです。また、これまで自分のことを大切に気遣ったり、介護してくれたことへの感謝の気持ちも含まれていることでしょう。それで、親から遺産相続を受け継いだなら、そういう親の気持ちや願いをきちんとくみ取りましょう。ときおり、親の遺産に関して子供たちの間でトラブルが生じることがあります。トラブルの原因としては、親が子供に遺産をそれぞれ均等に分けるのではなく、分け前の配分が異なる場合があるからです。分け前が違う原因としては、ある子供は他の子供よりも自分の介護を一生懸命してくれた。という理由があります。しかし、遺産の分け前に関してのすべての権限を持っているのは財産を所有している親ですし、親がいろいろ考えたうえで分け前を決めたわけですから、親の気持ちや考えを理解するようにしましょう。さらに財産は、親が一所懸命努力して貯めたものですから、ムダ使いをしないように十分気をつけて大切に使いましょう。