限定承認について

被相続人から相続する財産については、かならずしもプラスのものだけではなく、マイナスのものまでも含まれていることがあります。
マイナスの財産というのは、例えば借金や連帯保証などの債務を指しており、普通に相続をした場合には、実はこのマイナスの財産までも引き継ぐことになってしまいます。
要するに、相続をした人には何の落ち度もないのにもかかわらず、被相続人の借金を背負わされ、返済をしなければならないといった状況になってしまうのです。
こうした状況を避けるために、民法のなかで定められている特別な制度が、限定承認とよばれているものです。
この制度は、プラスの財産の範囲内において、被相続人のマイナスの財産も引き継ぐというものです。
被相続人のプラスの財産とマイナスの財産がどれだけあるのかがわからないという場合には、たいへん便利な制度といえます。
ただし、この制度を利用するにあたっては、相続開始があることを知った日から3か月以内に家庭裁判所に申し出なければならないという決まりがあります。
また、相続人が複数である場合については、その全員の名前でこの家庭裁判所への手続きをしなければならないという点にも注意する必要があります。

Filed under: 未分類 — はる 11:48 AM