遺産相続の決め方とは

土地、家屋、貯金、株券、会社などの財産を所有しているなら、子供や孫にその財産を遺産として残すことが出来ます。しかし、確実に子供や孫に遺産が残るようにしておきたいのであれば、本人がまだ元気な間に、遺産相続について家族全員できちんと話し合いを行う必要があります。不動産は誰が受け継ぐのか、貯金はどのように分割するのか、会社は誰が後を継ぐのかといったことをきちんと話し合いましょう。遺産分与に関しては法律で分けまえがきちんと定められていますが、しかしたくさんいる子供の中でも、自分の介護を特に良くしてくれた。といった子供には他の子供よりも多く遺産を残したい。と思うかもしれません。そういう時には、残された子供たちが後々になっていい合いにならないように、きちんとみんなの前でそのことを伝えて同意してもらいましょう。そして、口頭で伝えるだけではなく、遺言状にして残しましょう。口頭よりも遺言状の方が効力を持ちます。遺言状が効力を発揮するためには、きちんと作成しなければなりません。正しい作成方法や保管方法、さらには遺言状通りにきちんと遺産が相続されるようにするために、弁護士や行政書士の助けをかりるとよいでしょう。

Filed under: 未分類 — はる 11:49 AM