知っておこう!遺産分割協議のメリット・デメリット

人が亡くなると、その人の遺した財産について、相続が発生します。そして、相続が発生した場合、故人の遺した財産のうち、誰が、何を、どのように分けるのか、具体的な配分などを決める必要があります。
ちなみに、相続税には申告期限があり、相続開始を知った日の翌日から10カ月と定められています。仮に、この期限までに遺産分割が終わらない場合、相続税の優遇措置が受けられなくなります。このため、できるだけ早く決める必要があるのです。
そして、このような配分を相続人全員で話し合って決めることを遺産分割協議といいます。この取り決めのための話し合いは、全員で集まる必要はなく、相続人のうちの1人が案を作成し、他の相続人が了承する形でも成立することはできます。
なお、協議のメリットとして、相続人全員の話し合いで、どの財産を誰がどれだけ相続するかという内容を決定するので、その後のトラブル回避としての効果があります。一方、この協議のために、時間を作る必要があるといった点は、デメリットとも言えるでしょう。
ただし、このようにせっかく時間を作って、相続人が集まっても、全員の合意が得られず、不調に終わる場合もあると思います。このような場合、家庭裁判所で遺産分割を行うことになります。

Filed under: 未分類 — はる 11:50 AM