相続人について

相続人とは、亡くなった人の財産を相続できる法律上の人のことで、一般的には亡くなった人がどんな家族関係を持っていたのか、また遺言状があればその内容により変わってきます。
まず法律上相続できる人は、亡くなった本人が夫婦2人だけであれば、相続はその配偶者のみとなります。
夫婦に子どもがいれば、配偶者と子どもが相続します。子どもは何人でも相続できますが、養子である場合、直系の子どもがいない夫婦の養子は2人まで、直系の子どもがいる夫婦の養子は1人までしか認められません。孫やひ孫への相続もできます。
また、配偶者も直系の子供もいない場合は、その亡くなった本人の親や、さらには親がいない時は祖父母が相続することになります。
配偶者・子ども・親・祖父母の誰もいない場合は、亡くなった人の兄弟姉妹、さらには兄弟姉妹がいない場合はその子供が相続できます。
いずれも相続割合は、配偶者・子ども・親・祖父母・兄弟姉妹・孫・ひ孫・の順位関係と人数により違ってきます。
また、遺言状がある場合には、その内容に従って相続する人が決められ、財産の相続の割合も決められていますので、かなり不利益が生じた内容になった人は、裁判所に不服申し立てをすることで、最低限の遺留分は相続できることになっています。

Filed under: 未分類 — はる 8:23 PM