単純承認について

遺産の相続はプラスの財産の相続だけでなく、被相続人の借金を相続人が返済しなければならないといったような、マイナスの財産の相続があります。自分自身とは関係ない借金を背負わなければならないことは大変な場合があるでしょう。ですから、相続をするかどうか、被相続人が選択できる制度があります。
相続人は、相続の開始があったことを知った日から3か月以内、つまり被相続人が死亡したことを知った日から3か月以内に相続をするかしないか決定します。この時の意思決定方法は3種類あります。
その中の一つが単純承認です。
これは被相続人のプラスの財産もマイナスの財産も無条件、無制限に相続することです。特別な手続きは必要ありません。何も手続きしなければこの方法によって相続したことになります。
また、他の相続の方法を選択する前に財産の全部または一部を処分した場合や、他の方法を選択した後に財産の全部または一部を隠したり使用してしまった場合もこの方法で相続することになります。
遺産の状態によってはプラスの財産よりマイナスの財産のほうが多い場合があります。その場合、生活が逼迫してしまう心配があります。遺産の内容をよく確認して相続の方法を決めることが大切です。

Filed under: 未分類 — はる 11:48 AM