遺言書がない場合の相続人について

法定相続人とは、被相続人と呼ばれる相続される人が亡くなった際に相続を受ける事ができる権利を持った人の事を指します。
これは民間の法律で定められている権利であり、配偶者や子供、その他にも養子や孫といった人が該当しますが、婚姻関係を結んでいない内縁の妻や愛人はこの権利を持つ事はできません。
子供の場合は直系卑属と呼ばれ、人数に関係なく全員に権利がありますが養子の場合は実子がいるかいないかによって変わってきます。
直系卑属である子供がいない場合は父母や祖父母も相続人になる事ができ、直系尊属と呼ばれています。
法律で相続分を定めているので、遺言書が存在しない場合は民法の内容に基づいて遺産を分配する事になります。
ただ、その様な場合は親族であっても叔父や叔母は相続できる権利を持つ事ができず、他にも長男の嫁や内縁関係の人に遺産を相続させるのであれば、これらの人にも権利を有する旨を書いた遺言書を作る必要があります。
また、被相続人が多額の借金をしていた場合、そういった負の相続を避けるためとして相続放棄というものがあります。
これは相続した事で損をしてしまう場合に適用されるものであり、親の借金であっても子供が肩代わりをしなくても良いという事になっています。

Filed under: 未分類 — はる 11:47 AM